読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポートフォリオについて(2017年2月末時点)

スポンサーリンク


f:id:semiken:20161023162447j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

2月末のポートフォリオについてです。トランプラリー継続ですね。

 

1.新規購入と売却株について

小型株も比較的強くて、持株は堅調なものが多かったです。

 

新規購入は、以下の株

・東急建設

・エスクリ

・サンセイランディック

・丸和運輸

 

エスクリだけは、決算発表後しっかりポジションを作りましたが、ほかの株は打診程度。正直言うと、ほとんどの株が上昇しているので、ポジションが作りにくく、できれば大きく下がってほしい。

 

売却した株

・クロスマーケ

・竹本容器

 

クロスマーケティングは、決算前に買い、うまく上昇に乗れた株。2月、一番貢献してくれた株でした。ビジネスは堅調なわりに、低評価(低PER)だったので、期待していた会社です。

 

竹本容器は、やっぱり投資が重たい印象。良い会社だと思いますが、投資に対する負担がやはり大きい印象で、決算発表後売却しました。市場替え、優待などの期待もあり、長期的には株主に報いて頂ける印象もあったのですが、長期で保有する株はできるだけ減らしたいので、一旦は撤退。損がでました。

 

 

その他、A&Tは決算発表後、今期の見通しがあまり芳しくなかったので、急落しました。そのまま保有継続しているのも割安な印象は変わらないからです。工場への投資を積極的に打っていたので、密かに今期は期待していたのですが。。じりじり株価はもどっているので、保有は継続していますが、もう一回この業界、企業の勉強をした方がよさそうです。

 

日本ライフラインも急落ありで、理由はわかりません。決算は思っていた以上によかったですし、IR担当の方とお話しした限り今後の長期的な見通しも明るい印象をもっています。機関投資家が空売りもしていたようで、A&Tと共に、2月のパフォーマンスに対してマイナスの保有株となりました。

 

2.ポートフォリオについて

f:id:semiken:20170302223432p:plain

※各数値はご参考程度に。

 

比較的低PERだけど、高ROEの会社を好んで投資しています。ただ低PERだとなかなか市場の評価は変わらないので、基本的には増益が見込めそうなビジネスをやっているかどうかにフォーカスしています。有報を読むことやIR担当とお話しするのも、ビジネスモデルが強そうかどうかを知りたいからです。

 

また、PER15倍を超えるような企業は今後、大きな増益の可能性や来期以降の増益も期待している会社です。

 

個人的な感触としてはオーナー企業の方がパフォーマンスが良いと感じているので(オーナー企業であれば株主という立場は同じで、利害関係が一致するので)、オーナー企業でない場合は、主力株にはしづらいです。

 

利益確定を続けた、日本電技、アプライド、ウィルG、太陽工機は、株数が少なくなっています。その意味で、ほかの株式をしっかり買うべきなのですが、急落がくるかもと疑心暗鬼になっている部分もあり、全体としては現金比率が高い状態継続です。

 

上手な方ほど、長期間、良い株をホールドしており、早売りの私は、反省すべき点が大きいです。しっかり個別企業の分析に力を入れ、割安なら買う、そして目標株価まで売らないという戦略を徹底してパフォーマンスの改善に取り組みます。

 

2017年2月は、TOPIX+0.9%の伸びに対して、私は+3.9%だったので、3.0%のアウトパフォームでした。

 

それでは!