東証IRフェスタ2017に参加してきました

スポンサーリンク


f:id:semiken:20161010172146j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

東証IRフェスタ2017に参加してきました。

 

遠方からの参加で、わざわざ行くのも大変だなと思ってたんですが、やっぱり企業のIRの方と話をすると各業界、各企業の強み弱み、問題点、リスクなどが分かるので、勉強させてもらってきました。

 

 

1.じっくり話を聞いた企業

以下22社のブースを回ってきました。

 


高砂熱学(1969)
ファーマライズ(2796)
八洲電機(3153)
サンセイランディック(3277)
シップヘルスケア(3360)

ソフトクリエイト(3371)
シーアールイー(3458)
KHネオケム(4189)
ユーエスエス(4732)
シーボン(4926)

メック(4971)
アサンテ(6073)
NOK(7240)
ノジマ(7419)
三菱商事(8058)

三栄コーポ(8119)
平和不動産(8803)
レオパレス(8848)
東急電鉄(9005)
カナモト(9678)

トーカイ(9729)
イオンディライト(9787)

 

 

 

 

特に話を聞いて面白いなと思ったのが、高砂熱学工業。個人的に業界中堅の大成温調の株を保有しているので、ここはしっかり話を聞きたいなと思って、暇そうな時間を狙ってゆっくり話してきました。

 

高砂熱学工業は、空調工事売上1位ですが、業界の集約が進んでいないので、今後は進むことを期待しているとのこと。高砂熱学は、海外も早くから進出しており、シンガポール、タイなどは進出して数十年のようでビジネスも堅調です。

 

そもそも空調工事は、ずっと需要が強く(ビルのリニューアル、省エネ)業界の中堅、下位でも比較的利益がでる業界なので、あまり集約が進まず、大手の高砂熱学でも15%程度しかシェアがありません。M&Aが今後進めば、さらに利益が出やすくなりますので、今後の業界動向に注目しています。

 

 

2.株式投資にどうやって活かすか

 

こういった様々な会社の話を聞くことができるときは、まずはその会社が属している業界自体がどういう環境にいて、今後どうなるかを聞いてみます。

 

そもそも投資する先の会社が属している業界自体が儲かっていないと、日本では特に価格競争に陥りやすいこともあり、どの会社に投資してもあまり利益がでない=株価が上がりにくいという前提があるからです。

 

例えば、ドラッグストアの業界は、どの会社も長期間右肩上がりで、利益も伸びていて、株価も堅調な会社が多いです。食品などの生活必需品を売ることで、スーパー(コンビニ)の顧客を奪いながら、高マージンの医薬品をうることで利益がしっかり出ています。高額商品自体はやや落ち込んでいるものの、医薬品はインバウンドの需要も強いため、ドラッグストアは多くの会社が増収増益です。

 

一方、似た業界ですが、調剤薬局の業界は薬価改定の影響を2年に1回受け、薬剤師の賃金も高いことから意外と利益が出てない会社もある印象です。国も医療費削減を進めたいことから業界全体として少し厳しい環境です。さらに、調剤薬局業界は、M&Aも多いのですが、売り手が強気なため、結構高値で掴んでいること(のれんの償却負担が大きい)も多いような気がします。

 

業界の話を聞いた後は、さらに、その会社が業界のどのあたりのポジションを狙っているのか、どういう中期経営計画をもっているかを聞いていきます。

 

その業界の中でどのポジショニングにいて、どのあたりを目指していくのか。最終的に利益が大きく増えそうな変化があるかを気にしながら聞いていきます。ざっくりですが、5フォースを意識して聞きます。

 

サプライヤーが強いのか、売り手が強いのか、強力なライバルがいるのかなどなど、そんな風に話していくと、その会社の強み弱みが少し見えてくるので、投資候補となるかを考えてみます。投資候補となる会社があれば、帰宅後、有価証券報告書をちゃんと読んでみて、割安か割高か株価を見ながら考えて、投資するかしないかを考えます。

 

結構、時間はかかるのですが、個人的にはこのやり方が好きなので、じっくり探すことの方が多いです。

 

IRの人と話すと、自社製品やサービスが良いことを話してくれることが多いのですが、実は売上にはごくわずかしか影響がないものだったり、利益がでてないことが多かったりします。

 

「華々しさ」や「凄いでしょ」といった感じのアピールが多く、それ自体は全然悪いことではないんですが、結局その会社の利益につながるのかということだけにフォーカスして話を聞いています。例えば、他の製品との比較やシェア、今後の動向について聞くと答えてくれるので、客観的な数値や根拠を貰えるように心掛けています。

 

 

いろいろ調べるのが好き、また、どうやってその会社が儲けているのかを知るのが好きなので、投資は本当に面白いです。色んな会社のトレンドを知ることで、世の中がどう動いているか勉強になりますしね。また有報読みながら投資先を探したいと思います。

 

それでは良い週末を!