JT(2914)の決算について(2016年12月期)

スポンサーリンク


f:id:semiken:20161017210927j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

JTこと日本たばこ産業の決算が発表されました。

 

少し中身を読んでみたので、気になったところをピックアップしたいと思います。

 

1.決算推移

f:id:semiken:20170207230759p:plain

売上高、営業益、経常益、最終益は、百万円単位

1株益、1株配当は、円単位です。

 

ここ4年の決算を見てみると、最終利益で4,000億円前後の純利益を稼ぎ出し、安定した業績の会社です。寡占産業ならではの高収益企業です。

 

2016年は減収ですが、主に為替の円高影響が大きく、この数値はだけでは評価できません。ドル円が円高、またルーブル安、ポンド安など為替については、逆風が吹く2016年でした。また、継続事業だけをみると増益になっており個人的には、それほど悪い決算ではない印象です。

 

JT側の発表によると為替を調整した「調整後営業利益(為替一定)」は、2015年12月期の6,267億円から2016年12月期の6,975億円の+11.3%増となっております。

 

2015年12月期決算発表の時点で、2016年度の調整後営業利益(為替一定)は、+7.4%増を見込んでいたので、予想より+3.9%の+11.3%増のこの点は評価できると思います。

 

特に海外の主要ブランドが好調で、欧州は市場成長を上回る状況です。

 

最終的に配当も増配となり、2016年の配当は、当初予定の128円から130円に2円増配となりました。

 

年2回の優待もあり、100株単位では、1000円相当が2回です。これは1単元だと130円+優待2回でリターンもそこそこの株となりますね。

 

 

2.2017年の見通しについて

2017年の見通しについては、調整後営業利益(為替一定)が6,070億円の予定です。これは、率に換算すると3.4%の増加となっており、かなり厳しい予想です。2016年が11.3%の増加だったことを考慮すると、今後の成長については黄色信号が灯っているようです。

 

中身を見てみると、国内海外ともに販売数量の減少を予想しています。

 

特に、日本国内の販売数量については、2016年の1062億本から、2017年は960億本となっており、▲9.6%です。仮に、1,000億本を下回ると1985年の民営化後初の1000億本割れとなります。

 

ちなみに2015年は、1092億本だったので、2017年の数字(960億本)は急減となります。加熱式タバコの普及もあり、この数字の予想を出しています。

 

ただ、2016年12月単月では、国内販売▲3.6%の実績なので、個人的には相当、慎重な予想だと思いますが、決算発表後の本日は、‐61円安の3,632円で引けています。

 

2017年の営業利益のコンセンサスが5940億円程度に対し、5600億円と会社側が提示したことが要因として挙げられるかもしれません。

 

年間国内販売が、▲9.6%って、1年後に▲15%とかになっていないと実現しない予想ですが、そこまで加熱式タバコが急拡大するのでしょうかね。2017年は、Ploomtecもしっかり売っていくようなので、うまくシフトできればいいですが。

 

配当については、年間140円となり、ずっと増配している銘柄の一つです。会社側の公表している2017円度のFCFが、3550億円となっており、140円ベースの配当を払った後でも1000億円程度の資金が残ります。自己株もしくは140円を超えた増配余地はありそうです。2月7日時点の3632円の株価に対しては、利回り3.85%となり、優待を含めるともう少し上昇しますね。

 

 

個人的な感覚としては、この株価水準なら悪くない印象です。PER16倍程度、ここ3年の安値2992円、高値4850円から考慮すると3600円台は安値に近い水準です。ただし、加熱式タバコに対する出遅れ、アメスピの高値掴みがリスク要因だと思っています。

 

特にアメスピの買収は、6,000億円と高すぎますね。減損リスクも大きいこととこういった高値の買収をすることがリスクだと思っており、主力株にはしづらいですが、タバコ事業のFCFはやはり魅力的です。

 

PM(フィリップモリス)と比較すると財務的には、JTの方がまだまだレバレッジをかけることもでき、増配余地もあります。国が保有する33%の株式を全額有利子負債で買い取る(自社株買い)タイミングがくれば、EPSは、350円を超える可能性もあり得るんじゃないかな。

 

私のJTに対する期待値は、この増配余地と自社株ができる余地が大きいことですが、EPS350円でみれば、PERが10倍程度、配当性向が62%なら利回り6%程度となります。(国が一気に売却することはないので、この話は実現しても何年も先になりそうなことも要注意ですね)

 

 

ちなみに今はJTを保有していないので、できれば安いところを買いたいと思っています。大型株はほとんど触らないのですが、日本株の中でも長期で保有したい銘柄の一つと考えており、喫煙する友人にIQOSやPloomtecの評判を聞きながら、有力な投資先として株価をウォッチしたいと思います。

 

それでは!