JT(2914)の新規購入

スポンサーリンク


f:id:semiken:20161023162447j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

 

アプライド(3020)の少しばかりさえない決算で、暴落。。

半分程度は利食いし、さらに、ユニマットRC、高速、クリヤマHD利益確定しました。

 

その資金で、思い切ってJT(2914)を購入。

3,700円台はちょっと下がり過ぎかなと思った次第で。

 

ここまで大きく下落している要因は大きく2点。

・全体のセクターローテーション(ディフェンシブから景気敏感へ)

・月次悪化(販売本数大幅下落、IQOS人気による今後の懸念あり)

 

敢えてこのタイミングで購入した理由はこんな感じ。

・配当について

JTの魅力は、12期連続増配。68円→96円→100円→118円→128円と5年で倍程度。

個人的には、増配はまだまだできると思っているので、配当利回りは、まだ上がってくると思っています。

 

株価を3700円とすると、PER16倍、配当利回り3.4%程度。優待ももらえますね!

 

・ビジネスモデルについて

あえて言う必要がないかもしれませんが、ビジネスモデルは、タバコの葉っぱを定価で売れるので、FCFは魅力的。

 

稼いでいるけど、投資はそれほどお金をかける必要がありません。大型株は基本買わないですが、JTだけは大好きです(笑)

 

最近は、IQOSのような電子たばこがでているので、今後のシェア争いが心配ですが、プルームテックと同様の商品があり、そこに期待です。この分野の投資には少しお金がかかりますが、それでもFCFは十分良い。

 

・海外市場について

f:id:semiken:20161116080024p:plain

(引用元:JTウェブサイト)

 

現地通貨ベースでは10%ほど成長しており、ほぼ寡占化が進んでいるタバコ市場の収益環境は魅力的です。大手3社~4社寡占化しているので、その中でのシェア取り合いですが、それほど心配はしてません。

 

懸念されるリスク要因は、通貨高、訴訟リスク、電子タバコの普及による構造転換がありますが、収益力から考えれば、このリスクはある程度目をつぶれると思います。

 

主力銘柄となるぐらい買いましたが、まだ下がれば買っておこうかな。IRに問い合わせして、どんな市場環境か聞いてみた方がいいと思いつつ、先に買ってしまいました。