三栄コーポレーション(8119)への投資

スポンサーリンク


f:id:semiken:20161010172301j:plain

 

 

こんにちは、せみけんです。

JR九州は、何故あんな高い初値だったんでしょうか?

3,100円でよりついたものの、そのあとは下げる展開に。

相当売買代金もあったので、株主も入れ替わっている様子です。

2,700円~2,800円の初値ならがっつり買うつもりだったんですが、そんな甘くもなかったです。

 

3000円台はちょっと高いかなと思い、当選した600株のうち、500株は初日に売りました。

 

さて、本日は新規投資した、三栄コーポレーションについて簡単に書いてみます。

 

1.会社概要

創業以降主力業務であった欧米向け輸出が、1985年のプラザ合意による急激な円高を契機として、日本拠点においては主業を輸入に転換、海外拠点は対日輸出を増加。

 

また、OEMビジネスで培ったノウハウを集結し、日本市場でのブランドビジネスを次々に展開。

 

1983年にはBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)の総輸入代理店となり、その後オリジナルブランドのFormio(フォルミオ)、Vitantonio(ビタントニオ)を誕生させ、2007年にはmod's hair(モッズ・ヘア)のヘアケア機器の取扱いを開始。(会社ホームページより)

あのサンダルで有名なビルケンシュトックを扱っている会社なんです。

ミーハーですが、数年前から私も大ファンとなり、3足ほどビルケンもってます。

 

会社の話に戻りまして、事業セグメントは2つ

①OEM

②ブランド

 

①OEM

無印良品がメインで、実は売上の30%以上は無印良品(良品計画)向け。平成28年3月期で170億円の売上が無印良品です。

 

無印良品もずっと業績が良く、株価も高値圏にありWinWinの関係構築中。

 

②ブランド

ビルケンが主に稼いでいます。平成28年3月期で、67億の売上と5億の経常利益です。店舗数は、58店舗なんで、ざっくり計算すると1店舗1億円程度/年の売上があると推測。

ネットもあるので、この程度かな。

 

日商30万円程度。

うーん、思ったより大きい。1足1万とすると30足か。

 

個人的にはあの独特の掃きごごちは、気に入っているので、ずっとファンだと思います。好きな靴はMobus、サンダルはビルケンなので、ミーハーですね。

 

ただ、今後の拡大という面では、勿論リピーター需要はあるでしょうが、伸びしろはどうか。インバウンドも落ち着いているようなんで、この先はちょっと心配。

 

同社ではオムニチャネル施策の一環として、修理料金 10%オフや、送料無料等の特典がある会員サービス「FitClub(フィットクラブ)」をスタートしました。ビルケンシュトックを長くお使いいただくため、それぞれのフットウェアに合わせた最適なケア方法等もお届けしていく予定です。

 

なお、普段から店頭では、お客様の足の健康を考え、同社スタッフが一人ひとり異なる足のサイズを正しく計測することで、最適なサイズをご案内しております。

 

まずは店頭にお越しいただき、フットベッドの機能性が生み出す履き心地のよさをご体感ください。

 (引用元:三栄コーポレーション ニュースリリース 2016年4月16日)

 

このようなリリースが開示されていましたが、これはすごくいいサービスだと思います。愛着あるので、修理しても使いたいというニーズに的確に答えていますね。

 

ちなみに転職サイトを除くとこのショップで働くことは、結構評判が高い。従業員の評判も個人的には気になるので、その辺がうまくやれていることは大切。

 

人件費が高騰し人材確保が難しい中とても良いことだと思います。労使関係は問題ないとみています。

 

 

 

 2.決算と各指標

 2017年3月期は予想ですが、業績は以下の通り。

決算期売上高営業益経常益最終益1株益1株配
    2013.03 34,570 1,318 1,381 814 70.4 18
    2014.03 39,890 397 485 458 195.7 50
    2015.03 44,454 780 1,018 580 247.2 90
    2016.03 49,415 2,361 2,423 1,435 606.2 160
    2017.03 49,000 1,800 1,800 1,300 544.5 120

 

2014年3月期から、2016年3月期にかけては業績急上昇。

 

先ほど、無印良品とビルケンで、稼いだ額は、240億円ほど。だいたいこの会社の半分の売上はこの2本柱で稼いでいます。

 

サンダルも流行りがあるので、今期はどうでしょうか。2015年夏にブームになった反動で、今年はちょっと厳しいかもしれません。また、卸事業もやっていたんですが、現在は小売のみとなっていますので、このビルケンの売上だけでみるとちょっと今期は少し苦戦かも。

 

 

 

今の株価が3810円(2016年10月26日)なので、各指標は以下の通り。

 

PER 7.0

PBR 0.87

ROE 13.7

配当利回り 3.15%

EV/EVITDA  4倍

 

配当は、今期予想の120円ベース。ただし、70周年ということもあり、増配を勝手に期待はしています。前期と同じ160円であれば、利回り4%。商社なんで、低いPERもある程度は仕方ないですが、財務もしっかりしていてROE13%というのはなかなか良いと見てます。配当にも積極的ですし、20年減配無し(特別配除く)と株主に優しい会社だと思います。

 

IRには投資家説明会の動画がアップロードされており、社長も誠実な印象を受けました。以下を参考に最終的に投資を判断しました。

 

・有報

・IR説明会動画

・決算短信

・決算説明用資料

・IR問い合わせ

 

今期減益ということもあり、今の株価は高値からはかなり下落しています。

高値5060円、安値2901円で現在3,810円。(2016年10月26日)

 

 

(まとめ)

①買った理由

・指標は割安だとみている

・財務は悪くない、BSも軽い

・ビルケンなどしっかり収益のあるブランドの確保ができている

・無印のOEM事業は右肩上がり

・輸入サイドなので円高はそれほど悪くない(ヘッジ済みなので損益にどれくらい効くかはわからない)

・株主向けて情報発信がしっかりされている

・役員報酬もそれほど高くない

・従業員との労使関係は悪くないようす

 

 

②心配な点

・ビルケンに伸びしろはないかも、在庫の減損リスク

・ビルケン、売上ちょっと鈍っているかな

・ビルケンネット販売は、まだまだこれから

・商社の歴史は長いが、景気に影響を受けやすい業態

・商社というビジネスで強みがわかりにくい

・インバウンドにおける売上が下がっているかも

・無印リスク(取引消滅など)

 

無印との取引関係が一番大事だと思いますが、ビルケンも人気一服によるリスクはそこそこあるとみてます。いろいろ書きましたが、何となくこの会社が好きだなというのが後押ししました。

 

買値から20%~30%程度のプラス+配当3%を見込んでいます。

 

 

おまけですが、三栄コーポレーションの扱っているVitantonio(ビタントニオ)ってワッフルメーカーもウチにありました。このワッフルメーカーもなかなか売れ行き良いみたいで、海外でも一部売り出しているようです。

 

 

それでは~