読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年9月末の運用成績など

ポートフォリオと運用成績
スポンサーリンク


 

 

f:id:semiken:20161010165430j:plain

こんにちは、せみけんです。

 

1ヵ月があっという間です。

ブログの方は、この記事を含めて21記事書きましたが、毎日書くのは、ネタを含めて、難しいですね。長いことブログ書かれている方はちょっと尊敬します。

 

 

1.運用成績と反省点

2.ブログについて

 

1.運用成績と反省点

 

①2016年TOPIX ▲14.5%

②2016年私 40.7%

③2016年TOPIX対比 55.3%

 

2016年9月は結果的に好成績となりました。今月、一番思い切ったのは、ウェルネット(2428)の撤退です。損益は微損で撤退。理由は、時間軸が長すぎると思ったことです。3年後には花咲いてそうですが、それまで耐えられるかと自問した結果、相場もどうなっているかわからないので、一旦撤退しました。

 

今回の反省は、以下の通り。買値にこだわるのが大事だと思ってます。

ウェルネットへの投資についてですが、急落局面で買い向かい、思わぬ下げに含み損がかなり大きくなってしまったこと。3度に分けて購入を意識したのですが、同じ株数を買い下がったので、それもあまり良くなかったなと思ってます。

これに対処するには、もっと細かく買う。もしくは最初のロットをかなり小さくして買い始め、下落と同時に買い下がる額を大きめにしておく。

例えばこんな感じ。

①1,350円 500株
②1,300円 1,000株
③1,250円 1,500株

こうすると@1283円で買えます。

 

今回は、これを同株数で買ったので、イメージでご説明すると@1,300円となってしまいました。
(実際はもうちょっと平均単価高かったです。。)

①1,350円 1,000株
②1,300円 1,000株
③1,250円 1,000株

 

勿論、タラればで、1,300円で反発する可能性もあり、そうなると1500株しか買えませんが、それはそれで含み益になるわけですから、良いかなと思ってます。

 

今回のウェルネットは、リスクが高いかなと当初から思っていたので、リスクが高い投資にはこれぐらい慎重に臨んだ方がいいとちょっと反省。@17円の差ですが、この差が大きいと思っています。

 

というのもウェルネットは、一時1,181円まで暴落しています。1,300円で投資するとちょっとがっかりしますよね。

 

1181円が買値からどれくらい下落したかを計算すると、
1,300円の平均単価だと下落率▲9.2%
1,283円の平均単価だと下落率▲8.0%

 

個人的なルールでは、下落率▲10%だとほぼソンギリしているので、この1.2%の差は物凄く大きいです。

 

誰にとってもそうですが、含み損はうれしくないので、やっぱり買値にはこだわるしかないなと。その為には、投資する株ごとに戦略を決めて臨んだ方がいいと思ってます。ファンダメンタルとは関係ないので、ちょっと純粋なファンダメンタル派とは言えないのですが、過去このやり方が比較的自分の性格にあっているので、買値に拘る戦略で行きたいです。

 

結果的にはウェルネットも戻ったところで売れたのと、アプライド、神戸物産、ブラス、日本ライフライン、高速が上昇してくれたので今月はリターンがかなり良かったです。これら含み益のある株はちょっとずつ売って、四季報から見つけた銘柄をゆっくり集めてます。ブラス、ウェルネット、FPG,山田コンサルは売りポートフォリオからはサヨナラしました。現金比率は75%なのでかなり弱気ですが、暴落が来れば買い向かいます。

 

2.ブログについて

アクセス数は7月がピークでした。ブログもどんどんアクセス数増えるのかと思ってましたが、やっぱり優良な記事を書かないとなかなか増えないものですね。

 

10万アクセス/月なんて雲の上の存在ですね。マイペースでやりつつも、やっぱり折角書いたら読んでほしいので、もっと面白い記事書けたらなと。ほかの方のブログも参考にしていますが、やっぱり面白いブログが多い!IPOに特化するとかも面白いと思うのですが、迷いながら方向性決めてきます。

 

ドイツ銀行のCDSの記事、ちょっと前に書いたのに、9月はアクセス数がトップで驚きました。こういうちょっとは役に立つ記事がアクセスされるんだなと思いつつ、アイデアは浮かばず。。

 


 

まだまだ見に来られる方が少ないブログなので、改善の余地がたくさんあるのですが、たまにコメントやブクマ頂くと大変ありがたいです。それでは良い週末を~