読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「シン・ゴジラ」「君の名は。」がメガヒットで、東宝(9602)が上方修正

個別銘柄
スポンサーリンク


f:id:semiken:20161010170701j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

今日の相場は思わず強かったですね。優待も沢山頂けそうなので、またご報告します!

 

本日のお題は、東宝(9602)です。

 

 

1.東宝(9602)の上方修正について

2.決算について

 

 

1.東宝(9602)の上方修正について

f:id:semiken:20160927210650p:plain

(引用元:平成28年9月27日発表 東宝 業績予想の修正に関するお知らせ)

 

一気に80億円弱、営業利益を上方修正ですか!

 

映画は当たると大きいですね。しかもこれは、2016年2月~8月末の上半期の結果なので、9月以降はまだ未発表。今後、期待が大きいです。

「シン・ゴジラ」も大ヒットでした(大ヒット中)が、そのさらに上をいくのが、「君の名は。」です。洋画、邦画合わせた全体ランキングで、たった5週で、興行収入歴代20位の111.7億円だそうです。

参考:http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/

 

 

このペースは、歴代1位の「千と千尋の神隠し」のペースに近く、もしかしたらもしかするかもしれませんね。映画を滅多に見に行かない私でも、ちょっと見に行こうかなと思ってますもんね(笑)。

 

ちなみにこちらは、邦画のランキングですが、「君の名は。」既に7位に入ってますね。「シン・ゴジラ」は、9月26日時点で、73.7億円(邦画24位)だそうで、こちらも大ヒットしており、今回の上方修正となったようです。

 

f:id:semiken:20160927205808p:plain

(引用元:Wikipedia)

 

f:id:semiken:20160927210945p:plain

(引用元:平成28年9月27日発表 東宝 業績予想の修正に関するお知らせ)

 

修正の理由を見ると、全部絶好調というのが読み取れますが、通期はどの程度で着地するのか気になるところです。今まで、東宝のような大きな会社の決算はあまり見たことないのですが、折角なので、見てみました。

 

 

2.決算について

f:id:semiken:20160927210436p:plain

 

決算については、かなり安定的に稼いでいる会社です。映画について多少利益が凸凹するものの、不動産事業(賃貸)があるからです。不動産賃貸は売上、利益ともに30%以上を占めており、これが収益構造の土台になっています。

 

f:id:semiken:20160927211411p:plain

(第127期:有価証券報告書より)

 

 

今回バランスシートを見て、改めて優良会社だと感じさせられたのは、無借金、現金同等物737億円、不動産1075億円(時価3750億円)と優良な資産ばかりなのに、借金はほぼゼロです。

 

さらに営業CF-投資CFのFCFが綺麗にプラス(ここ5年)なので、好財務になっているんですね。映画の配給というよりは、不動産賃貸との2本柱の会社。

 

 

東宝株式会社(とうほう)は、映画・演劇の製作配給・興行や不動産賃貸を行う日本の企業。一般には映画会社として知られる。


阪急阪神ホールディングスの持分法適用会社で、2008年現在、2つの直営演劇劇場(帝国劇場、新館シアタークリエ)を保有する。

 

阪急阪神ホールディングス(阪急電鉄、阪神電気鉄道)、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急百貨店、阪神百貨店)とともに、阪急阪神東宝グループの中核企業となっている。

 

本社は東京都千代田区有楽町一丁目2番2号。
他の阪急阪神東宝グループ同様三和グループのメンバーであるが阪急電鉄と異なり三水会には参加せずみどり会のみに参加している

(引用元:Wikipedia)

 

恥ずかしながら、阪急阪神の持分法適用とは知らなかったです。

 

 

時価総額は5,000億円を超えていますが、資産と収益性を考えれば十分に説明のつく株価です。これだけのBSだと、利益は全額配当か、自己株をもっとやっても良さそうかな。

 

ただ、今回の上方修正もある程度は織り込まれているはずです。足元PERは、30倍近いので、ここから買えるかは、何とも言えませんが、暫く話題には上りそう。年初来高値付近なので、ホルダーの方が羨ましいです。

 

今回の上方修正のEPS90円(上半期)分が、下期がでたとして、180円。PER20倍として3,600円ほどですか。こういった株をPERで評価するのもナンセンスかもしれませんが、割安株を中心としているので、私は眺めているだけにしておきます。含み資産もあり、割高とはいえませんが、こういう株は凄いなと思いつつ、見るだけです。

 

知り合いの方もつい先日、「君の名は。」にドハマりしている旨を言っていたので、その時にしっかり調べるべきでしたね。株の投資先はどこにでもあるいい例でした。