ひふみ投信 「ひふみのあゆみ2016年8月度 ご報告書」を読んで

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160816173113j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

 

空売り比率も相当に下がってきて、さすがに日銀がバックにいると強いですね。

ドル円も9月利上げも捨てきれない中、円高にはいかずに103円台で落ち着いています。

学情(2301)が良い決算でしたが、前日比マイナスで引ける結果となり、単純にはいかない相場。

 

割安&成長株探し継続です。

 

さて、ひふみ投信のレポート、ひふみのあゆみ2016年8月分が発表されていたので中身の確認です。

 

1.トップ10入りした銘柄

2.トップ10から外れた銘柄

 

1.トップ10入りした銘柄

①井関農機(7位)

 

農業機械専業で3位の会社。3期ぶりの最終黒字となる予定ですが、有利子負債もそこそこ重たそうで、個人的には目に留まらない会社。

 

恐らく、改善している過程で、ひふみには何かビッグチェンジが見えているんでしょうか。決算説明資料と短信も読んでみます。

 

②東京センチュリーリース(8位)

 

みずほ系のリース大手。伊藤忠が筆頭株主。7期連続増配ですが、リース業界もほとんどの会社が低金利の恩恵をうけ、増益基調にあるのでなぜこの銘柄を選んでいるんでしょうか。ROEが13%程度と他社は10%超えているところは少ないです。リースでは三菱UFJリースなど連続増配企業もありますが、資本効率が良いところが選択されている理由かもしれません。

 

 

③アルバック(10位)

半導体製造装置で有機ELで受注活発。本決算後、控えめな業績見通しの元、大きく調整していましたが、足元は株価も戻してきました。

有機ELは全体的に相場を引っ張る今年の主役です。

 

 

 

2.トップ10から外れた銘柄

①ダイフク

円高が収益に影響してますが、それでも最高益を見込んでます。営業利益も好調ですが、中国の影響は大きく受けるので、今後どうなんでしょうか。

私も2016年3月末株主だったので、株主として工場見学に行けることになりました。今は保有していないのですが、ダイフクの凄さを感じてきたいと思います。

 

②ニコン

露光装置関連が好調ですが、一眼レフは停滞。こういった大型株はセグメントごとに分析がいるんで、個人投資家は手が出しづらいですね。

 

 

③ジェイコム

人材派遣関連もさすがに業績一服なんでしょうか。アウトソーシングは相変わらず強気のようですが、ジェイコムはランク外に。

 

ヒトコミュニケーションズもランク外なので、人材派遣関連のポジションは落としているようです。

 

ひふみ投信は、7月、8月とTOPIX対比の成績が良くなかったです。8月は特に、鉄鋼、銀行などリターンリバーサルの相場で、今までのグロース一辺倒の動きから、一気にバリュー株への流れへとなったので、リターンは厳しかったですね。

 

 

個人投資家としては、割安株買ってほっておくしかないと思うので、引き続き銘柄発掘に力を入れていきます。

 

 

 

 

 

semiken.hatenablog.com