読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCデポ(7618)のサービスはそれほど悪いのか?

スポンサーリンク


f:id:semiken:20161010171808j:plain

こんにちは、せみけんです。

 

PCデポの炎上ネタが次から次へと出てきますが、経営陣は短期的に収益を上げることに力を入れすぎたためこのような結果になっているんじゃないかと推測されます。長らく低迷していたPC業界の中で、お客様向けのサービスが当たり、あまりにも前のめりになった結果じゃないでしょうか。

 

今話題になっている方の月10,000円を超える契約は確かに高い印象です。自分でできる人にとっては高いですが、高齢の方や自分で設定できない方にとっては、良いサービスもあったんじゃないかと思います。

 

ちょうど半年くらい前に、PCデポのサービス申し込もうと思っていたんで、お題にしてみます。

 

1.日経チャンネルマーケッツ 動画サービス+iPadセット

2.株価と決算

3.役員報酬と野島隆久氏について

 

 

 

 

1.日経チャンネルマーケッツ 動画サービス+iPadセット

 

日経チャンネルマーケッツってご存知でしょうか。経済専門のチャンネルで、一時期私は有料会員として利用していました。月額900円(税別)なんですが、なかなか内容は充実してて、900円は高くないかなという印象でした。

 

ちょうど日経チャンネルマーケッツの有料会員だった半年ほど前、タブレット(Nexus7)が壊れたため、IPadでも買おうかなと思っていたら、PCデポのこんなサービスを知りました。

 

f:id:semiken:20160817192244p:plain

(引用元:PCデポ ホームページ)

 

IPadのレンタルと日経チャンネルマーケッツのセットで月々1,200円と結構安いなと思い、いろいろ調べました。

 

当時も思ったのですが、この表記ちょっと気になりませんか?

 

日経チャンネルマーケッツは972円と書いてありますが、これは税込です。PCデポの自社サービスは1,200円税別で記載しているので、意図的に割安に見せるので、ちょっと引っかかりますね。

 

A.自分なりに計算した、購入した場合は、以下の通り。レンタルと比較するなら3年後にIPad2を売ったと仮定します。

 

①IPad mini2 31,800円

②日経チャンネルマーケッツ 900円×27ヵ月=32,400円

③IPad mini2を3年後に売却した価格 10,000円~15,000円

 

①+②-③(仮に15,000円)=49,200円

 

B.一方、PCデポでセットレンタルした場合はこちら。

1,200円×36ヵ月=43,200円

 

 

個人的には、PCデポ安いなという印象でした。ただ、3年縛りだというので、海外に行ってしまったり、やっぱり日経チャンネルマーケッツ見ないとなった場合のことを思い、結局、契約せず。

 

当然、途中解約したら高いだろうなとおもってましたが、こんな注意事項もあります。違約金については分からないですが、この書き方だと、契約期間の全額負担となるかもなと思いました。

 

f:id:semiken:20160817193903p:plain

(引用元:PCデポ ホームページ)

 

f:id:semiken:20160817194132p:plain

(引用元:PCデポ ホームページ)

 

ただ、こんな掲載がされていたので、外でもsim付のタブレットとして使えるのならありかなと思ったんですが、コールセンターに確認したらWifi仕様とのこと。この画像、外で見てますが、Wifi繋いでいるって前提なんですね。(もしくはモバイルルータとか?)冒頭の税込、税別の件もあり、嘘ではないですが、誤認させるような掲載の仕方だなと当時、良くない印象を持ちました。

 

結局、熱も冷め、3年後のことなんて分からないなとIPad Airを自分で買うという結果になりました。個人的には日経チャンネルマーケッツを3年間契約する可能性が高いという方は、このサービスを使うのは無くはないかなという印象です。

 

契約事務手数料の確認、3年後の解約の手続き方法、また自動更新の有無など確認すべきことは多々あるので、やっぱりIPad欲しいなら自分で購入した方が手っ取り早く、後腐れもありません。

 

私は契約しない方を選びましたが、本サービスについては特に高すぎるという印象もないですし、上手いこと考えられたサービスだと思います。

 

2.株価と決算

f:id:semiken:20160817194911p:plain

(2016年8月8日~2016年8月17日)

 

株価については、ご存知の通りですが、暴落中。今日は値幅も大きく近寄り難い感じ。8月9日引け後の2016年第1四半期は好決算だったこともあり、8月10日は1,600円を一瞬付けた株価も5営業日で、36%下落と凄まじい下落です。

 

さすがに8月17日は空売りもなかなか入っているようですが、今後の株価はどう動きますでしょうか。

 

決算を四半期ごとに見ると以下の通り。3ヵ月ごとの輪切り決算。

f:id:semiken:20160817200127p:plain

 

PCの販売自体は、出荷台数の落ち込みもあり、売上高はあまり伸びていません。営業利益の方は、右肩上がりで伸びており、営業利益率もどんどん改善しています。

 

株価もこの事件発覚までは綺麗に右肩上がりでした。

 

 

PCデポについては、ノーポジなので、特にどちら側というわけではないですが、こういった事件が発覚しても、業績影響ってどの程度なんでしょうか。

 

インターネット上ではそこそこ大きい事件になっていますが、そういったインターネットに詳しくない人がPCデポのお客さんになっていたりするので、意外と好業績継続でも驚きません。

 

不当に高額な契約していたらそれは改めるべきですし、解約時に高額請求するのもどうかと思いますが、現実にこのサービスで恩恵を受けている人は少なからずいるのも事実なので、ここまで一方的に企業が悪いという報道にも少し違和感を感じています。

 

 

3.役員報酬と野島隆久氏について

f:id:semiken:20160817200307p:plain

(引用元:2016年3月期有価証券報告書)

 

役員報酬も有報から見ておきましょう。

 

役員報酬については、至って普通。一人1,000万円を超えたレベルなので、業績急回復していますし、一人3,000万円以上とかになっているんじゃないかと思いましたが案外少ない印象。

 

代表取締役の野島隆久はノジマの代表執行役兼社長である野島廣司の実弟であるが、ノジマとPC DEPOTの間に法人としての提携関係はない。ただし、隆久とその親族の資産管理会社であるティーエヌホールディングス株式会社は、ノジマ第3位の大株主である。(引用元:Wikipedia)

 

代表取締役の野島隆久氏は、ノジマ社長の実弟というのも驚き。兄弟で家電・PC関係扱っている上場会社社長というのも驚きです。

 

有報を見ると、確かに野島隆久氏はノジマで働いていたんですね。

f:id:semiken:20160817201527p:plain

 

 

野島隆久氏の年齢も50代半ばですし、まだまだ会社を成長させたい野望もあると思います。また保有株数をみても、約10%相当(45億円相当)の株数を保有していることが確認できます。

 

今回の件は、あまりに前のめりになったため反省すべきはありますが、会社の悪いところは改めるといった姿勢が明確に打ち出されることを期待しています。

 

図解入門業界研究最新家電量販業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

図解入門業界研究最新家電量販業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

 

 

 

 

(8月28日追記)通りすがりさん ご指摘ありがとうございました。文章が読みづらくなっていましたので修正いたしました。