FREETELで格安SIMを購入したら思いのほか安かった

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160808202724p:plain

 

こんにちは、せみけんです。

相場は強かったですが、個別株のボラティリティは上昇中。少し利食いをして、ポジションをまた落とす傾向に。

 

ストップ安で気になったのは、ウェルネット(2428)ですね。ひふみ投信も組入れていた銘柄。

 

大量保有報告書を見ると、レオスキャピタルが8.9%保有しているので、筆頭株主になっているようです。相当強気なんですが、2016年8月8日のストップ安を受けどう出てくるか。

 

5年後に営業利益50億を目指すため、一度減益になる中期経営計画なため、本日ストップ安。個人的にはストップ安まで売られる内容かなという印象ですが、40%減益ということで株主には厳しい展開。現時点で見るとPER30倍超えているんですが、中期経営計画がうまくいけば、今の株価は安い印象です。

 

問題は、この上下動の激しい相場の中、5年待てるかというところです。ただ、株主にも配慮があり、50円配当なので、ちょっと面白そうですが、決算短信じっくり読んでみます。

 

今はこういう株が結構あって、今後世界経済が鈍化しても成長継続できる株は買いなんですが、見極めるのにはしっかり分析が必要になりそうです。

 

 

さて本日のお題です。ちょっと格安SIMが必要になったので某電気屋さんに行ってきました。

 

 

1.FREETELでSIMを購入

2.FREETEL電話もお得

 

 

1.FreetelでSIMを購入

 

ちなみに夫婦ともに、OCNの格安SIM(OCN モバイル one)で運用中なんですが、3台目が必要になり買いにいってきました。

 

もう一つOCNで買えばいいやぐらいの気持ちで、電気屋さんに行ったんですが、たくさん種類があって、もしかして、お得なものもあるのかと思い、いろいろ見てました。

 

店員さんに聞くと、私の要件ではFREETELがお勧めとのことでした。

・通話+SMS+データ通信のものが良い。

 ※データ通信のみのプランで050のIP電話を取得するパターンではなく、携帯(080,090)がついているプランが良い。

・電話が主に使うサービスで、データ通信はほぼ使わないので基本料が安いもの

 

f:id:semiken:20160808210036p:plain

(引用元:Freetel ホームページより、料金表 2016年8月8日時点)

 

恐らく、私の使い方だと、700円か900円で済みそうな気がしています。これで090の携帯番号持てるならとても安い印象。

 

この赤字になっている料金は、あくまで2年間限定なのですが、2年でも十分もとはとれそうです。しかも2年縛り等がないのでいつでもやめることができます。結構縛りがあったりすると違約金払う機会が増えて損した気になりますよね。縛りが無いのも好印象。

 

こんなに安いのにFreetelは儲かっているんでしょうか。

ちょっと調べてみるとこのFREETELの運営会社は、プラスワンマーケティングで、2012年設立。

 

f:id:semiken:20160808211008p:plain

 

資本金が4年で11億円まで増資できており、凄い勢いで、会社が伸びていることがわかります。2016年7月までに150店舗に出店予定だそうで、達成しているかは未確認ですが、ヨドバシ、ビック、ヤマダに大きな売り場を持っています。今日いった電気屋にもめちゃめちゃ広い売り場がありました。電気屋にあれだけの売り場があるのは相当お金かかっているんですが、勢いのなせる業ですね。

 

f:id:semiken:20160808212001p:plain

 

積極出店していて、販売員の方々の接客に不安がありますが、本日はそんな感じをうけませんでした。マニュアルが恐らくしっかりあって、注意事項はマーカーの嵐。OCNで格安SIM使っているからというのもありますが、的を絞った分かりやすい内容だったと思います。

 

初期のソフトバンクを彷彿とさせる、勢いのある会社が身近にあったんですね。IPOしてくれたらちょっと面白そうな案件です。調べてみると、日本アジア投資(8518)が関与しており、出資比率は分かりませんが、プラスワンマーケティングの株式を保有しているようです。

 

決算資料を読むと日本アジア投資は小さめのベンチャーキャピタルで少し業績も苦しそう。早めにIPOさせるか、大型のVCへの売却で資金確保に動くかなとも思ったり。

 

増田社長は、日本の携帯業界の利便性を良くしたいという思いでここまで会社を大きくしているようです。NTT、KDDI、ソフトバンクの3社がずっと高収益の通信業界にはやはり問題ありで、こういったベンチャーが伸びてくれるとユーザーは恩恵を受けれるので、ぜひ応援したい会社です。

 

 

 

 

2.FREETEL電話もお得

 

電話をちょっと多めに使いそうなことを伝えると、これを勧めてくれました。

 

 

 

f:id:semiken:20160808212426p:plain

(引用元:Freetel ホームページより)

 

このパッケージ自体は、980円なのですが、最大1,200円の通話料割引があるので、実質無料です。このサービスを利用するメリットは、通常30秒20円の通話料が、30秒10円となることで、FreetelのSIMを使っているユーザは入れた方が良い気もしますが、今はLINEの無料通話あるから電話ニーズってないのかも。

 

 

 

電話代を安くするだけならIP電話でも良いのですが、ごくまれに050だと電話がかからないといわれることもあり、そのあたりに不便さを感じていました。

 

 

30秒10円まで電話代が安くなるなら、この携帯一つでも良いくらいです。暫く使ってみて良ければ、OCNもそのうちFREETELにするかもしれません。

 

 

格安SIM関連の株は、どの会社も過当競争で厳しいという印象しかなかったですが、この会社は勢いと実績がありますね。格安SIMとしてお勧めもしますし、将来IPOあれば注目されそうな会社です。また頑張っているベンチャーを見つけることができたので応援しつつ、IPOに期待したいと思います。

 

 

データ専用も安いですね。ソフトバンクがおとなしくなってしまったので、FREETELには今後、業界4番手として大いに暴れてもらいたいです。それでは!