2016年7月末の運用成績について

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160531184709j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

 

日銀は追加緩和決めましたね。個人的には、追加緩和なしで、暴落で底値買いをしたかったのですが、そんな思惑通りにはいかなかったです。

 

指値でたくさん、買いを入れていたのですがあまり引っかからず。

少し購入できたものの、今の円高動向を見ていると、ちょっと買いが早かったかもしれません。

 

さて7月も相場が終わり、振り返りをします。今月はほとんど大きなポジションをとらずといった感じです。

 

1.損失銘柄

2.利益銘柄

3.収支

 

1.損失銘柄

 

 

 

第5位 日本マクドナルド ー2%

第4位 トスネット ー3%

第3位 中村超硬 ー3%

第2位 九州リース ー6%

第1位 ワッツ ー9%

 

今月は、取引数自体が少ないので、あまり大きく下落した銘柄は持っていません。各銘柄は損切ポイントを7%程度に置いているので、損切でひっかかったは、ワッツのみ。トスネット、九州リースはディフェンシブとして入れていたのですが、銘柄絞るために、カットしました。

 

 

2.利益銘柄

第5位 アルバック 8%

第4位 DVX 9%

第3位 中本パックス 12%

第2位 ジャパンミート 35%

第1位 ピックルス 36%

 

大型が得意ではないので、アルバックがある程度伸びてくれたので助かりました。ジャパンミート、ピックルスは伸びたので手じまいました。DVXはほんの少しリグったのですが、まだポジションを持っているので、どうしたものかなと。とりあえず決算待ちです。

 

 

 

3.収支

 

①2016年TOPIX ▲14.5%

②2016年私 29.7%

③2016年TOPIX対比 44.2%

 

 

2016年の成績自体は良いのですが、2016年7月は、トピックスが大きく上昇したものの、私の投資用口座はあまり動かず。TOPIX対比マイナス5.7%となりました。そもそも現金比率が高すぎて、弱気すぎるかなと思いつつ、自信を持てる銘柄が少ないことが問題ですね。

 

Brexitで突っ込んで買ったものの、16,000円台まで意外と伸びた日経に全然ついていけず、DVX、日本ライフラインの高値からの下落もあり、含み益が消えたたため、今月はつらかったです。日本ライフラインは、7月29日に上方修正したのでちょっと楽しみにしています。

 

Googleもダイナムも株価自体は高くなったのですが、円高がきつかったですね。含み益も円ベースで計算しているので外国株は円高に厳しいです。

 

それでは良い週末を~