ひふみ投信 「ひふみのあゆみ2016年6月度 ご報告書」を読んで

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160706172911j:plain

こんにちは、せみけんです。

ジャパンミート(3539)が急騰したので、半分程度利益確定。理由はよくわからないものの、強い動きでした。今日は全面的に弱かったものの、内需の好業績銘柄はあまりくずれない感じでした。

 

さて、ひふみ投信の月次レポートが開示されていたので、読んでみました。

2016年6月末はそれほど動きがない感じです。ただひふみ投信も現金保有比率が上昇しています。

 

 

1.概要

2.組入銘柄比較

3.今後の投資戦略

 

 

 

 1.概要

f:id:semiken:20160706172930p:plain

 

2016年6月はさすがのひふみ投信でも大幅マイナス。TOPIX対比では良いもののBrexitの影響は大きかったようです。

ただ、6ヵ月、1年の期間で大幅にひふみ投信が圧勝。マイナスとはいえ、TOPIX対比で1年で約20%上回るって凄いの一言。

f:id:semiken:20160706173407p:plain

また、マザーズ、JASDAQあたりの小型株の割合が増えています。大量保有報告書もたびたび出ていますが、小型株好きですよね。JIAの大量保有報告書も提出していました。

現金がここ4ヵ月で、3.7%⇒4.2%⇒4.6%⇒5.8%と徐々に増加していますね。残高も順調に増えており、良い投資先をうかがっているのかもしれません。

ひふみの外国株投資そろそろくるんじゃないかと一人勘ぐっています。

Alphabet(Google)も700ドル近辺で少し押してますね。ドルの準備は万端なんで500ドルくらいまで下げてくれれば私もがっつり投資予定なんですが、アメリカ株の強いこと。

 

 

2.組入銘柄

f:id:semiken:20160706181053p:plain

5月末と6月末は大きく変化はない印象です。現金保有比率を上げているため、全体的に前月比マイナスの銘柄が目立ちました。GMOインターネットがランク外にいき、GMOペイメントゲートウェイがランクイン。この銘柄も何度かランクインしていますが、ウェルネットとともに、インターネット決済の大手として業績好調銘柄です。

f:id:semiken:20160706181336p:plain

 

6月の組入銘柄の株価を比較してみました。(6月末、5月末)

私もやられましたが、あいHDは‐10.3%ときつい下げ。これまで高成長かつ財務も健全だったのですが、2017年6月期は成長が鈍化すると見られているのか、ここ2か月間ずっと売られています。5月11日3,400円を付けた株が、2,300円台となるのが今の相場の恐ろしいところ。

あいHDは7月6日時点で、株価2313円、PER19倍と悪くないのですが、高PERの成長が鈍化したとわかるや否や思いっきり売られてしまいますね。

そろそろ底かなという甘い気持ちでリバウンド取りに行くと痛い目にあいそうです。実際痛い目にあいました(笑)

 

今は、低PER、高配当、成長持続ができそうな銘柄のみを触ろうと思います。トヨタの5,000円割れやみずほの配当5%は一見お買い得な気がしますが、円高&業績どうなるか分からないのでちょっとどうかなという感じです。

金融機関株は世界的にずっと厳しいですね。

 

 

3.今後の投資戦略

以下は、ひふみ投信の今後の運用についてから引用です。

英国の国民投票におけるEU離脱派の勝利は、世界中に大きな驚きを持って受け止められ、世界の株式市場が大きく下落しました。今後の影響の見極めは難しいですが、世界的に景気後退期への移行が明確になりつつあります。

 

米国も利上げを続けるような景気の力強さはなく、利下げを決断する可能性もあります。不況期には不況期の投資方法があり、ひふみの運用では、過去の不況期においても日経平均株価などのインデックスを上回る成果を出してきました。一般的に大企業の業績は、景気が良いときには改善し、景気が悪くなると悪化します。

 

中堅企業や小型企業でも基本的には同様なのですが、その中の一部にはニッチな分野などで着実に成長し企業業績を伸ばしている会社が数多く存在します。私たちはそのような会社への投資が得意であるので、インデックスを上回ることが可能なのだと考えています。

 

国民投票でEU離脱派の勝利が決定するまでは、日本の循環的な景気回復が秋くらいから始まることもあるのではと考えていましたが、現在では少なくとも冬まで後退したと考えています。

 

よってやや保守的な銘柄構成に戻していくことを検討しています。特に4月~6月に減らしたデフレ関連銘柄(デフレ経済になると恩恵を受ける銘柄)の比率を高めていくことが挙げられます。今後とも全力を尽くして運用しますので、よろしくお願いいたします

デフレ銘柄にまたシフトしつつあるようです。セリアはランキング18位に入っていたので、どうもまたディフェンシブに切り替えつつあるようですね。

ヒトコミュニケーションズ、ジェイコムホールディングスの人材派遣関係の銘柄もまた上位の方に顔を出しています。人材派遣もどこまで上値追えるか興味ありますが、まだいけますかね。

 

今日は、ワッツ(2735)、中本パックス(7811)あたりを仕込みました。今後、どうなるでしょうか。原油安&円高で多少は恩恵ありそうな銘柄中心ですが、業績はどうなるか蓋を開けてみないと分からないです。

 

 

 

※数値、銘柄については、公開されている「ひふみのあゆみ」を参考にしていますが、転記誤り等ある可能性がございますので、元の資料については以下リンクをご確認ください。

ひふみ投信 | レオス・キャピタルワークス株式会社 | ひふみ投信情報