読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年6月既存店売上 各社月次メモ

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160704172227j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

 

閑散につぐ閑散で、株をやっているプレーヤーが少なすぎます。

2016年7月5日の東証一部売買代金は1兆5千億程度です。

空売り比率は42.2%。

欧州の金融機関の株価、CDS軟調ですが、ここから暴落があるとすれば、中国ショックか、欧州の債務危機の再燃ぐらいだと思い、日本の内需ならいいかなと少しポジション増やしてます。

 

月次をできるだけ見るようにしていますが備忘用メモ。各企業は分析が甘いのとざざっと見ている主観的なコメント&間違っているかもしれないのでTDnetでご確認ください。

 

特に特殊要因は気にせず、既存店売上が前年対比プラスであれば良い。マイナスであれば悪いと見てます。

 

 

 

 

 

1.前年対比プラス 

外食:アークランドサービス 103.8%

外食:王将 100.5%

外食:幸楽苑 101.2%

外食:ハイデイ日高 101.2%

外食:鳥貴族 110.4%

外食:リンガーハット 104.4%

スーパー:ダイイチ 103.8%

100均:セリア 104.1%

衣料:ワークマン 107.6%

衣料:Uアローズ(小売+ネット) 102.8%

タイヤ:フジコーポ 102%

ドラッグストア:薬王堂 107.6%

 

 

 

 

2.前年対比マイナス

カバン:サックスバー 95.0%

自転車:あさひ  98.1%

靴:ABCマート 99.5%

ドラッグストア:カワチ薬品 99.7%

メガネ:JIN 98.9%

娯楽:ウチヤマ(カラオケ) 97.7%

娯楽:ヒマラヤ 93.7%

百貨店:松屋 89.7%

衣料:タカキュー 98.2%

 

目立つのは、鳥貴族の110.4%となっている点ですね。ワークマン、薬王堂と長期間好調組も相変わらず良い月次。

 

飲食の中華(王将、幸楽苑、日高)もプラスで、悪くはないもののそこそこそれなりにって感じです。デフレでも強いとは思いますが、出店余地がどこまであるか。新規出店の増加かつ食材が輸入多めであれば決算いいかもって感じでしょうか。

 

アークランドサービスは、かつやの会社ですが、好調継続。チャートみたら、2008年の底値から30倍銘柄になってますね。中長期投資の理想形ですが、どこまでいくんでしょうか。

 

スーパーのダイイチは好調で、スーパーはデフレになると強そうでジャパンミートにも頑張ってほしいです。アークスの1Q決算も相変わらず好調。ただ、愛知のアオキスーパーは1Q決算を発表しましたが、増収減益決算と通期を考慮すると予想通りとはいえ、選別は慎重にする必要がありそうです。

 

100均のセリアは株価も好調ですが、既存店も好調なようです。だいぶ前から言われていますが、デフレに舞い戻っている匂いがプンプンしますね。100均も輸入系多めで業績は良さそうです。セリアも2008年底値から100倍!!

こういう分かりやすい銘柄をバイアンドホールドあるのみです。

 

前年対比マイナスで目立つのは、ちょっと良いもの(高価なもの)を売っている小売が多い気がします。ABCマートも長い間好調でしたが、今後どうなりますでしょうか。ABCマートは、この月次を受けて、-6.5%、‐460円安となりました。

 

ユナイテッドアローズの時もそうでしたが、高成長が期待されている銘柄の月次or決算が少しでも悪いと思いっきり売られますね。高PER銘柄にはちょっと注意が必要かなと思っています。ユナイテッドアローズも既存店プラスですが、厳密にはネットを含まなければマイナス。

 

サックスバー(東京デリカ)は、厳しい月次が続きます。株価も下落基調。

百貨店は、インバウンドも見込みにくく株価も軟調です。

 

景気の影響を受けにくい、内需&円高メリット&原油安メリット銘柄に絞ってぼちぼちやっていきます。