読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年5月のポートフォリオ点検と現金保有率を上げていることについて

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160523223609j:plain

 

 

こんにちは、せみけんです。

2016年5月23日の相場も閑散としてましたね。

東証一部売買代金 約1兆7,000億円

空売り比率 40.0%

松井証券信用評価損益率 買い残 ‐9.9%

 

 1.相場観

商いが薄い中、空売り比率が40%と高く、プレーヤーは下がると踏んでいる人が多いようです。下げ相場になると日銀の買いは非常に相場を複雑にしています。適正な位置を見つけづらいですね。

 

今の相場は、好材料が出た場合の反応が大きく、売り方の買戻しの力が大きそうで意外と上昇しやすいんですけどね。

どちらにしても板が薄いので、大型以外の安易な空売りも危険だと思っています。

 

松井証券の買い残の損益率は-9.9%とかなり低い状況です。これだけ見るとそろそろ天井かなという印象です。新興もかなり上げてきましたからね。

 

上昇も下落もどちらにしても、次のトレンドはボラが高そうで、急落があれば買いで入り、急上昇があれば、指を咥えてみています。2016年6月、アメリカの利上げがあった場合は、日本市場への影響も相当に厳しいと思っています。

 

見方はそれぞれですが、利上げによりドル円は一時的に円安に振れるかもしれません。ただ、ドル高は、すべての通貨に対して発生し、新興国債務の増加が懸念されます。そうすると1月、2月に発生した新興国不安、資源安、世界景気悪化のループに陥る可能性があります。

 

またFRBも今後の為に利下げのカードを持っておきたいですし、2015年には年4回と見ていた利上げを年1回にするほど景気は悪くないとFRBは考えているようです。私個人は1回かなと見てましたが、分からなくなりましたね。

 

利上げがあれば一旦円安に振れるかもしれないドル円は、リスク回避の円高っていう方向に向かとみてます。利上げが発生した場合、起こりうる資源安に対して、ちょっと原油を売ってみました。

f:id:semiken:20160523230140p:plain

 

相場を読む行為は、バフェット的にはなしなんですが、ちょっと試しに売ってみました。損をしないことも大事なんですが、何も張ってない状態に耐えられず。。5%ぐらい踏まれたら損切します。

 

2.ポートフォリオについて

個人的には、ほとんどの保有株を売ってしまい、現金保有率を上げています。

今確認したら90%以上が現金になっていました。暴落論者でもないんですが、1年程度保有したいと思う株がなく、今年は目標の利益を上げられたので暫く様子見しています。まだ、保有している株は、日本ライフライン、王将フード、ジャパンミート、トスネット、九州リース、東武住販、マクドナルド(優待用)です。

うーん、結構地味ですね。

 

新興市場のように盛り上がっている株に乗っかるのもありなんですが、ほとんど売ってしまったため、今から乗れる株はと思案しているところです。

 

それでは!