読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 各社想定為替レートについて(中心レート ドル円=110円 ユーロ円=125円)

トレードアイデア
スポンサーリンク


f:id:semiken:20161010164607j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

2016年5月17日付の日本経済新聞に想定為替レートの記事がありましたね。

上場企業の2017年3月期業績は、引き続き為替相場に左右される展開になりそうだ。主要企業360社が今期見通しの前提とする想定為替レートは「1ドル=110円」としたところが過半を超えた。

~中略~

今期の上場企業の経常利益は前期比3%増にとどまる見通し。野村証券によると、対ドルで円相場が1円の円高になると主要企業の経常利益の伸び率が0.5ポイント縮小するという。野村の元村正樹氏は年間の平均レートが「仮に105円より円高になれば、製造業中心にかなりの企業が減益になる」と指摘している。

 

(引用元:日本経済新聞 2016年5月17日)

 

 

 

 

 

1.想定為替レート一覧

ざっとですが、ロイターの記事を参考にプラスアルファ追加で想定為替レートを調べてみました。

f:id:semiken:20160630082809p:plain

f:id:semiken:20160630082853p:plain

(参照:http://jp.reuters.com/article/idJPL3N18836I

 やはりドル円は110円、ユーロは125円が中心ですね。

 

 

 

 

2.想定為替レートプロット図

これをグラフにしてみました。(グラフは、横ドル円、縦ユーロ円です。)

 

f:id:semiken:20160517084427p:plain

①中心レートは、ドル円=110円、ユーロ円=125円

②トヨタライン(一番保守的な為替ライン、勝手に私が呼んでます。)は、ドル円=105円、ユーロ円=120円

③2016年5月17日時点の為替レートです。ドル円=109円、ユーロ円=123円

 

①を上回って円安なら輸出セクターは一安心

②トヨタラインを抜いて円高なら輸出セクターは相当厳しい見通し

③2016年5月17日時点は、中心レート付近なのでそれほど悲観的にならなくても良い

 

 

今年は例年に比べさらに為替に注目しなければいけないので、また修正・加筆等があれば記事にしたいと思います。それでは!

 

(6月16日 日銀政策決定会合前追記)

既に、2016年6月16日午前11時30分時点で、105円30銭とトヨタラインを割りそうです。日銀には期待薄の中、海外勢の仕掛けでどこまで円高が進むかという感じでしょうか。口先介入しかできない日本政府は、短期的には100円割も想定した方がよさそうです。

 

 

semiken.hatenablog.com