投資系の本を探すなら意外とお勧めのブックオフオンライン 

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160515211526j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

今日は、よく使っているブックオフについて調べてみました。
そこら中にあるので知っている方が思いますが、全国で869店舗あります。(2016年3月末時点)

 

1.ブックオフオンライン使ってますか?

2.ブックオフの業績は?

3.まとめ

 

 

 

 

1.ブックオフオンライン使ってますか?

本を読むのが好きなので、毎月書籍代がバカになりません。どうやって節約しようかといつも悩んでいますが、ブックオフオンラインのサービスって意外といいので今日はお勧めしたいと思います。ブックオフオンラインは、中古の本をオンラインで買えるサービスです。どれくらい認知度があるかわかりませんが、みなさん使っているんでしょうか?? アバウトですが、5年、6年前くらいから私は使っているような気がします

 

決算短信を見るとブックオフオンラインのサービスだけで、2016年3月期、55億円の売上です。ブックオフ全体では、700億円以上の売上ですので、全体の10%以下の売上しか今のところないサービスです。ただ、2015年3月期は48億円しか売上がなかったことを考えると、実は急成長中のサービスなんですね。

 

しかも、2017年3月期は、70億円の売上を目指しているようで、前期比25%増!

ということは、これからサービスが拡大されるんじゃないかとひそかに期待しています。

f:id:semiken:20160515213424p:plain

(引用元:ブックオフ 平成28年3月期 決算短信)

 

f:id:semiken:20160515213959p:plain

 

アマゾン等のサービスを使っている方にとっては、簡単に理解できると思います。この矢印のところの検索窓で欲しい商品を検索するだけです。

 

ただ、赤枠のところに記載のある通り、1,500円以上買うと送料無料なんですよね!私は気になった著者がいるとまとめて本を買ったりするのでとても便利です。

 

アマゾンの場合は、古本だと送料かかるので、これは嬉しいサービスですね。個人的には、ブックオフオンラインでチェックしてからアマゾンを確認し、値段を比較する作業を行っています。

 

何冊かほしい本があったりする場合や高額な本を買うときに重宝しています。意外と送料を考えるとブックオフオンラインが安かったりします。

 

例えば、以前紹介したバフェットの本「史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力」をブックオフオンラインで探してみます。

 

f:id:semiken:20160515214649p:plain

 

一方、アマゾンの最安値では、699円+257円の送料なので、956円でした。ただ、商品の状態については、アマゾンは丁寧に記載があり、この本については、「良い」となっていました。

 

f:id:semiken:20160515215304p:plain

 

 

私の経験上では、アマゾンの「良い」という評価でぼろぼろの本が来たことはありません。ブックオフオンラインの場合もほとんど状態が良い本がきますが、中古なのでそこは程度の悪いものがくることがあります。

 

品質がある程度担保されている本が欲しいならアマゾンへ。まとめて少しでも安く買いたいならブックオフオンラインへといった感じでしょうか。

 

投資系の良書は結構お値段が高いのでブックオフオンラインで気に入った本があれば購入しています。2,3日でくることが多いので、そんなに不便さも感じません。

 

アマゾンのようにかっちりした箱ではなく、紙袋をしっかり閉じたような形で配達されます。写真がないのが残念ですが、5冊買ったら、そのまま積み上げてくるっと紙袋に巻いたイメージです。この辺の古本っぽくって個人的には好きです(笑)

 

もう1点、これは良い機能なんで実は教えたくないのですが・・・、嘘です(笑)。全然使ってほしいのですが、「お知らせメール機能」というのがあります。アマゾンにもブックオフオンラインにも無いって本ありませんか?絶版の本とか、私は結構あるんですよね。そんなときに便利なのが、「お知らせメールに追加する」です。

 

以下のように、検索して「在庫がありません」となっている本だった場合があったとします。その時は、「お知らせメールに追加する」を押しておきます。入荷されるとメールが届くので、結構助かるシステムですね。

 

f:id:semiken:20160515223534p:plain

ただ、この機能を使っている人は勿論それなりにいるようで、通知メールが来てすぐにサイトにアクセスしても売り切れになってしまっていることがあります。私と同じように速攻で買う人がいるんですね。

 

ただ、先日も絶版になっている本を買うことができたので大変助かりました。アマゾンでも無かったので良かったです。勿論、投資系の本なのですが、そんな絶版の本でも定価より安く買えました。

 

 

2.ブックオフの業績は?

 

f:id:semiken:20160515211925p:plain

(引用元:ブックオフ 平成28年3月期 決算短信)

 

業績も確認しておきましょう。
実は、赤字転落して業績が悪化しています。

 

ただ古本を売るモデルから業態転換を目指しており、費用先行の状況です。人員増影響も大きいですが、計画差が大きすぎてちょっと先行き不透明感が強いですね。

 

まだ営業赤字の状態なので、四半期決算でしっかり黒字の状態に戻ってこないと株としては購入しづらいでしょうね。ただブックオフオンライン事業は、+1億7,000万円の営業黒字なので、今期力を入れるのもうなづけます。

 

f:id:semiken:20160515220336p:plain

(引用元:ブックオフ 平成28年3月期 決算説明資料)

 

財務を見てみると、営業CFは辛うじてプラスですが、FCFはマイナス。財務CFはプラスとキャッシュフローからは、やはり先行投資が重たいのが確認できます。

 

BS上は、現金が、140億円ほどあるので、流動負債との兼ね合いをみても、まあ暫くは大丈夫でしょうが有利子負債が250億円ほどあるので、ここ1年が勝負でしょうかね。有報までみていないので、在庫の評価方法を見ないと何ともいえませんが、流動資産の商品の減損等も発生しないかには注意が必要です。次の第2四半期決算におけるCFと財務の状態を確認してみる必要があります。

 

f:id:semiken:20160515221722p:plain

 

ヤフーとの資本業務提携とブックオフオンラインがうまくいけばいいですが、上の図の通り、中古市場も伸びており、今までリユース業界で成功してきた原動力が上手く働くといいですね。競争激化の中、ヤフーと手を組めているのは強みかもしれません。

 

 

3.まとめ

株を買うという判断には今のところ(2016年5月時点)至りませんが、ブックオフオンラインは積極的に利用を続け、売上に貢献していきたいと思います。

個人的には、絶版になっているような投資関連書籍の拡充を期待しています!それでは!