読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年4月のアクセス数と閲覧数トップ5について

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160501165630j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

昨晩から投資のアイデアを考えていましたがあまりいい考えが浮かばずといった感じです。円高がどこで止まるかですが、為替は難しいですね。

株式市場は、3日、4日、5日と3連休があるので2日後場急落に注意でしょうか。ちょっと高いかなと思っていた銘柄が崩れてきたら後場買います。

 

さて本日のお題です。

2016年2月からブログを始めました。ただ、極力毎日書こうと頑張ったのが4月からです。いつも見ていただいている方、本当にありがとうございます。またスターやはてぶを付けていただいた方もありがとうございます。励みになります。

 

アクセス数は、2016年4月が約8,000です。頭で思いついたことを整理するのにブログは便利だと思っています。

 

折角なんで、どの記事がアクセスされているのか調べてみました。

 

 

第5位 王将フードサービス(9936)は買っていいのか悪いのか

1993~2006年ごろにかけて、創業家の知人やその関係企業と不適切な取引を繰り返していたことが判明したと発表されたことにより、2016年3月29日に4,200円あった株価でしたが、2016年3月30日ストップ安3,500円になってしまいました。

2016年4月28日の株価も3,455円とさえませんね。

ただ、ここの株を調べていくうちに、王将のビジネスモデルはしっかりしていること。王将も営業利益率が8%以上と高く、FCFが良いようなので魅力的な会社です。さらに、比較したハイデイ日高が、10%以上の営業利益率ということも分かりラッキーでしたね。

外食産業は、レストランの売上が35か月ぶりに前年同月比割れと振るわない結果だったことも注目です。不況入りじゃないかとみてます。

 

 

第4位 「1枚アルゴ」による日経平均500円高の相場変動リスク

 

2016年4月14日は日経平均が500円以上上昇と大きく動きましたが、これは1枚アルゴによるものではないかという観測が流れていたため、簡単にまとめた記事を作成しました。

市場はアルゴリズムトレードばかりなので、個人投資家は肩身が狭いですね。指値をだした瞬間に自分の1円下に指値が入るときのいやらしさったら(笑)

 

ただ、意外と相場が極端に動くので、収益性の高い企業も暴落するチャンスがあります。

そういった時にすぐ動けるよう暴落相場では特に機動的に動けるようにしておく必要がありますね。

 

1枚アルゴ(先物1枚買い)とは、最低売買の単位である先物を1枚ずつ、数秒ごとに規則的に買っていくというアルゴリズムトレードのこと。

最低売買単位なので、相場に対する影響はそれだけを見れば限定的ですが、10分で合算すると数百枚、1時間で合算すると数千枚とそれなりのボリュームになります。

 

 

 第3位 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチが素晴らしすぎる件(ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領)

むかし、訪れたウルグアイの記事です。ホセ・ムヒカ氏の来日でこの記事は人気が出たようです。名演説なので知っている方も多いかもしれないですが、残しておきたいと思い書き起こしました。

株式投資や資本主義の行き過ぎに問題があるかもしれないと、改めて思いなおさせる名演説です。

 

第2位 橋桁落下事故発生後の横河ブリッジHD(5911)の株価について

 

横河ブリッジ(5911)の橋桁落下事故の件です。こういった事件・事故の際の株価の動きを後で調べれるように残しておきたくてまとめました。

保有株にも同様の事故が起こらないとは限らないですしね。

ちょうど、この時はOSJB(5912)を保有していたので、纏めてみました。

 

 

第1位 ユニクロショックで明日(2016年4月8日)の日経平均はどうなるか?

ユニクロショックで、検索された方が多かったみたいです。ユニクロ(ファーストリテイリング)は業績悪化で注目しました。決算後記事にまとめたことで多くの方に見ていただけました。

 

2016年4月8日は、ユニクロ1社で150円日経平均を押し下げたものの、日経平均は71円高と堅調な展開でした。

今期も円高により大幅減益の企業には要注意です。

 

 

 

王将、1枚アルゴ、ホセムヒカ、横河の橋桁、ユニクロと取り止めがないですが、すべて投資に繋がるかなと思って記事を書いてます。いつも何が儲かるのか、何に投資してはダメかということを考えてる投資マニアです。これからも投資関連のネタになる記事が書ければと思います!