4月21日東証二部上場予定のジャパンミート(3539)の初値について

スポンサーリンク


f:id:semiken:20160420141233j:plain

こんにちは、せみけんです。


スターアジア不動産投資法人(3468)が、2016年4月20日上場しました。M証券さんに1枚貰っていたのですが、初値割れている。。まあ、1枚だけなんで放置としておきましょう。。。正直REITはあまり分析しないので、配当利回りぐらいしかみてません。やっぱり楽しては利益でないですね。昨日空売りしていたトヨタは売り増しの上、利益がでたので決済しておきました。

さて、ジャパンミート(3539)についてもM証券さんから割り当てていただきました。

 

1.事業の概況

2.決算書分析

3.初値予想とまとめ

 

 

1.事業の概況

f:id:semiken:20160420150820p:plain

(上記目論見書より抜粋)

ジャパンミート(3539)も業態がスーパーマーケットを中心としたものですし、特に際立った内容はないため、初値が飛ぶことはなさそうです。
以下はみずほ証券のサイトから抜粋ですが、発行数が375万株と東証二部としては規模が大きいです。新規発行と売出で、吸収金額が約50億円となります。東証二部銘柄かつ吸収規模大き目ということで初値は割れるかもっていうのが初見ですね。

f:id:semiken:20160420142932p:plain

2.決算書分析

似ている銘柄でいうと神戸物産(3038)だと思います。業務スーパー運営の会社ですがPER12倍程度です。神戸物産は直近社員のインサイダー問題の関係で株価が暴落の上戻っていないですが、一時期はだいぶ株価も高かったため、PER20倍程度で評価されていました。というのも、直近営業利益の伸びが前期比32.3%と高いため、株価は5,000円超えるレベルまで相当上昇しました。

以下の決算を確認すると2013年から右肩あがりで営業利益が上昇しています。こういった銘柄は株価も右肩あがりとなりやすいですね。ただスーパーマーケットは基本営業利益率は低いため、神戸物産も3%以下ですね。この辺は差別化が図りにくい業態なのでどうしても低くなります。小売株は基本的に利益を伸ばすためには店舗を増やし続けるしかないので、店舗の開店計画が一番の肝です。

また配当も40円出しており、2,415円(4月20日終値ベース)から考慮すると2%弱の利回りがあるのは下値抵抗力があります。

神戸物産(3038)決算

f:id:semiken:20160420144854p:plain

 

一方のジャパンミートの方は、最終益から判断するとEPSが、100円程度となりそうなので、発行・売り出し価格から考慮するとPER10倍程度というところです。売上の規模も異なりますが、営業利益率が4%以上あり、この点は評価できると思います。

ウェブ上の記事を見ると、かなり安い商品が多いスーパーを展開しています。ハナマサが肉を中心に扱っているため、激安のお肉も多いみたいですね。この高い営業利益率秘訣は何でしょうか。実際店舗を訪れるとヒントがあるかもしれないですね。工場もあり、今回のIPO資金で工場も新設するようなので、さらに利益を出しやすい体質になりそうです。

ちょっと面白い記事があったので、紹介します。こういったファンがいることがお客さんと長期的に良い関係を築き、売上に貢献しているのかもしれません。従業員の方も素晴らしい対応だと思います。

 

リンク↓

「マジかよ!?ww」な食材と出会える。そう、ジャパンミートならね。 | 東村山から世界へ叫ぶ

 

ただ、ネット上の記事では美味しくないといった評価も結構あり、なんともいえませんね。決算の数字だけみると魅力的にみえますが、機会があれば実際店舗を訪れたいところです。

これからこのペースで出店できそうかどうかが肝だと考えています。大株主の売出が多いので、上場ゴールの可能性は無きにしもあらずです。上場ゴールではなく、上場をスタートとして捉え、売上が5%増、営業利益20%増が続くようなら魅力的ですね。経営者の動画なんかが見つかるとうれしいのですが、今のところ見つけることができていません。

 

株主に対しての還元も分かればありがたいのですが、配当・株主優待も今のところ不明です。配当が100株につき20円程度あれば買いやすいですが、この辺も会社の発表を確認したいところです。

 

ジャパンミート(3539)決算

f:id:semiken:20160420145605p:plain

 

3.初値予想とまとめ

初値予想は、需給だけがポイントですが、比較的弱めの930円から1,050円かなと思います。大きく買いたい投資家がどれくらいいるかですが、みずほ証券で当選した方は初値売りしたい方が多いと考えているので、割れることの可能性が高いかなという印象です。

ただし、大きく割れるほど魅力がないわけではなく完全に需給の問題だととらえています。東証二部にありがちな、地味だけど業態はしっかりしている会社かなと考えています。会社側が、株主還元と長期成長戦略を打ち出せば、中長期で保有も面白いかもしれません。投資に対しては以下3点がキーポイントだと思います。

・配当性向20%程度
・店舗展開の明確化
・株主優待の新設

※投資においては自己責任でお願いいたします。当ブログは個人的な見解であり、情報については誤っている可能性もございます。

 

 

それでは!!