読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資するなら毎月参考にしておいた方が良い3つの投資信託の運用レポートについて(2016年3月分)

スポンサーリンク


f:id:semiken:20161010173932j:plain

こんばんは。せみけんです。
いろんなレポートを読むのが好きで、証券会社巡りやセミナー巡りが好きです。特に社長の話すIRセミナーへの出席と動画をたくさん見て、景気の動向と企業の業績の行方を考えるようにしています。

 


さて投資信託でも優秀なものがたくさんあって、せみけんが参考にしている3つの投信についてランキングでご紹介したいと思います。この銘柄を買った方がいいというよりも、トレンドや考え方を主に参考にしています。投資信託に人気の銘柄は急落時は解約に伴う売却リスク等もあり、そのまま組入銘柄を買うのはリスクがありますのでご参考までにとお考えください。

 

第3位 JPM ザ・ジャパン

f:id:semiken:20160404210840p:plain

こちらは、2月末月報に記載のある銘柄なのですが、1月末時点の組入銘柄となりタイムラグが大きいです。凡そ1か月半から2か月あり、参考程度にしています。アベノミクス相場が始まったころは新規購入ができないほど人気だったJPM ザ・ジャパン。

最近は人気に陰りもありますが、2016年年初にセミナーに参加した際、JPMの講演者は建設株を押してましたね。私もこの中にはない銘柄ですが、当時のセミナーを参考にして建設株を組み入れました。

ザ・ジャパンの組入銘柄も建設関係が多いですが、ペプチドリーム(4587)を入れているあたりはさすがですね。建設銘柄の組入比率が21.8%と圧倒的な比率ですが、ベンチマーク比はあまりさえずといった状況です。

月次レポートのリンクも張っておきます。

https://www.jpmorganasset.co.jp/jpec/ja/fund/info/844000/pdf/m844Jan16_0902090714.pdf

第2位 大和住銀日本小型株ファンド

f:id:semiken:20160404212841p:plain

第2位は、大和住銀中小型ファンドです。純資産総額が100億円以下になってしまっていますね。もの凄く規模が小さくなってますが、小型株が大好きな私にとっては参考になる銘柄選びです。パフォーマンスも抜群に良いとはいえませんが、年初来高値をとっている銘柄もあり、勉強になります。


例えば、スター・マイカ(3230)や日本ライフライン(7575)あたりは、新高値をとっており、どの水準で購入しているかは分からないですが、素晴らしいパフォーマンスです。またオーデリック(6889)など渋い銘柄で、小型株好きをうならせる銘柄も入っています。

コメ兵(2780)は直近結構下げていたので、少し悪い方に影響しているかもしれません。それほど純資産総額は大きくないとはいえ、小型株にとっては1銘柄が数億円となることもあるので、保有株が組入銘柄と重複した場合は警戒した方が良いかもしれません。非常に光栄なことではあるんですけどね。

 

月次レポートのリンクも張っておきます。

http://www.daiwasbi.co.jp/fund/pdf/0841/0841.pdf

 

第1位 ひふみ投信

f:id:semiken:20160404214322p:plain

人気が高いひふみ投信です。私も実は積立やってます。藤野ファンドマネージャーの考え方は非常に参考になるので、だいたい著書も読んでます。

非常にパフォーマンスも優秀で、購入を増やしている銘柄を毎月探して勉強させてもらってます。最近では、丸和機械運輸(9090)という銘柄を見つけて、購入しました。既に短期間で売却しましたが、少し利益をだすことができました。

成長株をしっかり見つけてくるのが得意なイメージです。PER、PBRからはパッと見、割高な印象を受けますが、あいホールディングス(3076)やGMOペイメントゲートウェイ(3769)などは急激に成長しており株価も堅調なままです。

また最近で言うとデフレ銘柄の組入を増やしているようで、しまむら(8227)、セリア(2782)、サイゼリヤ(7581)などがレポートからは確認できました。


一方で、入れ替わりも結構激しいと思っており、安易に真似をすると「私が買い、ひふみが売り」ということにもなりかねない(笑)ので、慎重に分析と購入するよう心掛けています。私が保有している銘柄を後からひふみ投信に組入られるよう銘柄発掘できるようになれればと思い日々銘柄を探しています。

 

月次レポートのリンクも張っておきます。

 

まとめ

どうだったでしょうか。私は、この3投信の組入銘柄は毎月みるように心掛けており、プロのファンドマネージャーが考えた銘柄なので非常に参考になります。特にひふみ投信の藤野ファンドマネージャーは、分析力もあり、経営者にも数多くあっているため話に説得力があります。私はアマチュアなので間違いも多いですが、機動性と自分のペースで投資できる点が強みとして、引き続き銘柄発掘を続け、良い投資を継続していきたいと思います。

それでは!