王将フードサービス(9936)を購入して様子をみることにしました。

スポンサーリンク


こんにちは。せみけんです。2016年3月31日も新興市場が上昇しています。マザーズ指数が1,000を超え、過熱感があるなと思いポジションを整理し、マザーズ銘柄等利食いを入れています。だいぶ保有株もスリムになってきましたが、建設関連の銘柄が思ったほど伸びていないですね。配当の権利は確保しているのですが、東証一部銘柄は全然動かず、むしろじり安な展開となっています。処分するか迷うところですが、暫く引っ張る予定です。それにしてもハウスドゥ(3457)は非常に強いですね。民泊関連の銘柄が強く、少しずつ利食いを入れていますが、短期間で倍になったので少しだけ残しておこうと思っています。

f:id:semiken:20160331181155j:plain

さて王将の続きです。(王将の話ばかりなので餃子を購入してきました!)

 

大きく下落するには至らず、3月31日は初値3,440円で寄り付きました。思ったより下げないなというイメージですが、少し打診買いしてみました。本当は大きく下げたらと思いましたが、買い方が強く、暫く様子をみてましたが3,440円前後で買いをいれてみました。

2016年3月31日
始値 3,440円
高値 3,570円
安値 3,340円
終値 3,455円

 

30日も書きましたが、最悪上場廃止リスクはありだと考えています。ただし、会社が倒産するわけではないため、上場廃止後も株式は残ります。楽観的な解釈ですが上手くいけば配当は貰えるはず、場合によっては会社側の株式買い取りもあるのでは、と考えています。上場廃止になると流動性がなくなるため、売却できず大量に株式を買うのはリスクだと思いますが、それほど大きいポジションでなければと思い購入に至りました。
また、有利子負債が少なく、銀行から融資を引き揚げられても、手元でほとんど返せますし、キャッシュフローは良いので資金繰りについては店舗の出店ペースは鈍る程度で済むのではないかと考えています。反社というのは大きな問題ではありますが、最終的には、ビジネスモデルが理解しやすく株主還元に積極的な会社であれば買ってみた方がいいかなという結論にいたりました。勿論、大損する可能性はありますが、割安な株が少ない現状で比較的割安な会社だと思い買いと判断しました。購入時点で、各種指標は以下の通りです。

 

3月31日時点
PER 15倍
PBR 1.5倍
配当利回り 3.6%

空売りの方はすでに大きく入っており、貸借倍率も1倍以下。わずかながら逆日歩もついている状態です。本日も空売りがそこそこ入ってきそうなので、利率が良ければ貸株もして様子をみたいと考えています。(修正:3月31日は、空売り規制が入っていました。そうするともう一日待つべきだったかもしれませんがいずれにしても様子見ですね。)

王将の財務や業績自体に大きな問題点がないとみていますので東証がどう判断するかですが、何らかの指摘等があるにしても時間がかかるとみています。今後は長期戦になる可能性もありますね。長期戦となっても王将といえば、ビジネスモデルも分かりやすいので業績も読みやすいためこの点も良いかと思いました。14時時点で3,440円前後となっています。

短期取引は苦手ですが、そこそこ上昇すれば売りますし、期待が外れて小幅下落した場合は少し買い増し、大きく下落は損切します。投資は自己責任でお願いします!

 

それでは!