日本銀行のイールドカーブコントロールについて (2016年9月21日の金融政策決定会合を終えて)

f:id:semiken:20161010163852j:plain

 

2016年9月20日、21日の金融政策決定会合で、金融緩和の新しい枠組み「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を発表しました。

 

どんどん複雑になってきていて、日銀の手詰まり感も否めないですが、出来る限りのことはやる、インフレ2%達成までやるという強気の姿勢は崩していません。

 

本日の内容は、肩の凝るような内容なので、ざっくりだけお話しすると、日銀の政策決定会合での変更はほとんどありません。今までの金融緩和を「調整」した内容だと思います。

 

黒田氏の会見は極力聞くようにしていますが、だんだん笑う回数が少なくなっているのが気になります。実は、FOMCでも「お笑い指数」(Laghter Index)というのがあって、議事録には討議で笑った回数も記録されています。リーマン直前まで笑いが絶えないFOMCでしたが、リーマンショック以後は笑の回数は激減しました。

 

つまりかなり厳しい状況にあるんじゃないかと。結構、豪快に笑う印象だったんですが、やはりここまでインフレに時間がかかることは想定していなかったんでしょうね。

 

では、ここから本題です。

主な内容は以下の通りです。

 

日本銀行は、2%の「物価安定の目標」をできるだけ早期に実現するため、上記2つの政策枠組みを強化する形で、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定した。

 

その主な内容は、

第1に、長短金利の操作を行う「イールドカーブ・コントロール」、

第2に、消費者物価上昇率の実績値が安定的に2%の「物価安定の目標」を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続する「オーバーシュート型コミットメント」である。

(引用元:金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」 )

 

1.オーバーシュート型コミットメント

2.資産買入れ方針

3.イールドカーブコントロール

 

続きを読む

【投資本】「本当にいい会社」が一目でわかる有価証券報告書の読み方 ― 決算書だけではわからない「儲かる仕組み」はココを見る!

f:id:semiken:20161010172146j:plain

 

こんにちは、せみけんです。

投資先ってどうやって選びますか? 永遠の課題ですが、有価証券報告書(有報)を読んで、理解でき、お金が残るビジネスに投資するようにこころがけています。

 

投資が難しいのは、会社の中にいるわけではないので、ビジネスの価値がわかりにくいところです。自分の勤めている業界なら少しは理解も早いかもしれませんが、本質のところは非常に見えにくいと思います。

 

有報を眺めていると、ステークホルダーの誰がお金を得られるのかも少しは見えてくると思います。社長を含めた経営者なのか、従業員なのか、株主なのか、そういったどこにお金が流れていくかを考えています。

 

また、有報には。投資先のビジネスの強みが隠れていると思いますが、分からないことはIR担当に電話かメールして聞きます。日頃からBS、PL、CFを眺めていると利益でているのに、現金が残らない体質の会社だったり、いろんな会社があることがとても面白いです。

 

本日のお題は、そんな有価証券報告書の読み方についての本のご紹介。ストーリー仕立てで読みやすいと思います。どういった視点で有報を読むかどうかのヒントにするには良い一冊だと思います。

 

1.目次

2.嘘つき企業はこうして暴ける

 

続きを読む